くららげの日記

自分の思いがここに。

MAD作品を身近に感じる方法!?

こんにちは。くららげです。

最近、ネット上で面白いコンテンツを発見しましたので、ご紹介します。

まずはこちらの動画をご覧ください。
何の変哲もないMAD動画ですが、実はこの映像と同じようなことが、あなたのPCでそのまま発生するアプリが存在するのです...。

その名も「ChilledWindows.exe」といいます。
こちらからダウンロードできますが、ブラウザによっては危険なサイトと表示されてしまう場合があります。私の環境下では、特に何の問題も発生していませんが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

ダウンロードして開くと、動画のどおりに自分のデスクトップ画面が動きます。どんな挙動かは、開いてからのお楽しみです(?)






※以下、ネタバレ要素を含みます。反転してご覧ください。※

このアプリの仕組みを私の推測で説明します。
このアプリを開くと、開いた時点でのスクリーンショットが記録され、さきほどの動画が読み込まれます。なお、デスクトップ以外に保存されたこのアプリを開くと、自動でデスクトップ画面に切り替わり、デスクトップのスクリーンショットが記録され実行されます。
記録された画像が左右反転しながら動き、中盤のシーン入れ替えの部分では、動画にあわせて左側の枠に画像が移動され、動画が終了するとアプリも自動で終了します。
ちなみに、実行中にキーボードのWindowsボタンを押すとタスクバーも一緒に表示され、実行中でも強制終了できます。その場合は実行元のフォルダに動画ファイルが残りますが、削除しても問題はありません。

以上です。

近況報告

f:id:ere10061:20180501223114j:plain
夕暮れの中の電車とクリスタルドーム もうすぐこの光景は見れなくなる...

こんにちは。くららげです。

新生活が始まって1ヶ月が経ちました。そして平成時代もあと1年で終了ということで、新元号に変わる歴史的瞬間までのカウントダウンがスタートしましたね...。

さて私は、今年から大学生になりました。私の大学では語学系の科目を6単位取得し、さらにその内の4単位を英語科目にしなければならないというルールがあります。残りの2単位は他の言語で取るということになりますが、私は韓国語を選択しました。

Twitterのタイムラインでよく韓国の話題が流れていたことや、近年見かける多言語駅名標を見ていて、ハングルに興味を持つようになりました。今のところ文字を書くのは躊躇なくできるのですが、まだまだ母音の区別がつかない(一瞬で判断できない)し、読むのも少し難しく感じますが、とりあえず単位を落とすことのないよう頑張っていきたいと思います。

創作活動はちょっと滞りのある部分があります。「ちば鉄道ものがたり」の台本データが何らかの理由で破損してしまいましたが、復旧できることになったので、ついでにシナリオの書き直しを進めています。そもそも新生活に慣れていないせいか、あんまり作品を作る気力もないようです。6月28日にはペリエ千葉の未開業部分の工事が終わっていよいよグランドオープンします。この時期ぐらいに完成させたいなぁ...。

4月30日には、新京成線東武アーバンパークライン総武快速線、さらに京葉線と、1日で4路線もの放送を収録しに行きました。音MADの新作も、ぼちぼち作って行きたいかなって思います。

とりあえず今日の近況報告はこんな感じでしょうか。来月はどんな記事になるのか...期待せずにお待ちください。ありがとうございました。

青春18きっぷの旅 まとめ

青春18きっぷの旅」シリーズの記事をまとめました。また、それぞれの見出しには訪れた場所と関連リンクも記録しています。

3日目(館山)

krrg8025.hateblo.jp

訪れた場所

5日目(小田原/鎌倉)

krrg8025.hateblo.jp

青春18きっぷの旅 5日目「御殿場線乗車・小田原/鎌倉観光」

1日目(銚子)2日目(佐原/鹿島)3日目(館山)4日目(久留里)|5日目(小田原/鎌倉)

青春18きっぷの旅シリーズもいよいよ最終回。5日目は御殿場線に乗車してみたのと、小田原と鎌倉を観光しました!

東京駅から東海道線に乗り続けること2時間。私は沼津駅に向かいました。
f:id:ere10061:20180422223203j:plain
「沼津=ラブライブ」というイメージが強い感じがしますが、個人的にはそんなに興味がないので、駅構内でうどんを食べながら次に乗る電車を待っていました。

f:id:ere10061:20180422223205j:plain
沼津駅から乗ったのは「御殿場線」。神奈川県を走るJR東海の在来線です。最終回だから少し足を伸ばして乗ってみようと思ったのです。
しかし、到着したのは2両編成のワンマン列車。アウトレットがある御殿場へ向かう乗客で車内は混雑していました。御殿場駅で車内が空いたと思ったら、今度は御殿場から乗る乗客でごった返しました。私はその時「2両で大丈夫なのか?」と思いました。

f:id:ere10061:20180422223204j:plain
富士山と川のせせらぎを眺めていると、いつの間に終点の国府津駅に到着。東海道線に乗り換えて小田原駅へ向かいました。

f:id:ere10061:20180422223207j:plain
小田原駅を降りて少し歩くと、小田原城が見えてきました。天守閣に入り、展示物を見ながら上に行ってみると絶景が。
f:id:ere10061:20180422223208j:plain
海が見えるお城は初めてでした。

小田原を後にした私は、鎌倉へ向けて出発しました。鎌倉の訪問は、小学校の校外学習以来6年ぶりです。

大船からはいったんJRを離れ、湘南モノレールに乗りました。
f:id:ere10061:20180422223209j:plain
湘南モノレールは、千葉都市モノレールと同じ懸垂式のモノレールなのですが、スピードが違いました。湘南モノレールはとにかく速かった。まさに「ジェットコースター」でしたね。

終点の湘南江の島駅からは、江ノ電に乗りました。長谷駅で途中下車します。
f:id:ere10061:20180422223211j:plain
歩くこと数分で鎌倉の大仏様にご対面。迫力があります。

再び長谷駅に戻り、終点の鎌倉駅へ。
f:id:ere10061:20180422223212j:plain
鎌倉の代名詞のひとつ、鶴岡八幡宮を参拝し、鳩サブレーをおみやげに購入。

旅の締めくくりに、鎌倉からは地元駅まで、E217系グリーン車に乗って帰りました。今回はJRE POINTのグリーン券交換を利用したので無料で乗ることができました。


さて、今まで5日間にわたってお送りした「青春18きっぷの旅」シリーズはこの記事が最終回となります。
計算したところ、このきっぷを使った移動距離の合計は、1,462.7kmに及びました。車窓の景色を眺めたり、それぞれの観光地で写真を撮ったりできたので、とても充実した旅行となりました。また時間とお金と体力に余裕ができたら、東海道本線完走などといった長距離旅行なんかもしたいと考えています。
それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

青春18きっぷの旅 4日目「久留里線駅めぐり」

1日目(銚子)2日目(佐原/鹿島)3日目(館山)|4日目(久留里)|5日目(???)

5日間の旅の中で最も過酷な旅になった「久留里線駅めぐり」をふりかえります。

Twitterのフォロワーさんが烏山線の駅めぐりをしていて、私もこういうのをやってみたいと思いました。久留里線を選んだのは地元の近くにあるローカル線であったからです。ちなみに予定を組むのに3日もかかりました。

まずは内房線の下り電車に乗って木更津駅へ向かいます。久留里線へ乗り換えると、1つ先の祇園駅で降りました。

f:id:ere10061:20180415202646j:plainf:id:ere10061:20180415202654j:plain
このように、列車に乗って降りて、駅舎や駅名標を撮影し、次の列車が来るまで駅と駅の間を歩くという大変な企画にチャレンジしたのです。

次の列車が来る前に、上総清川駅と東清川駅を訪問。東清川駅からは再び列車に乗ります。

f:id:ere10061:20180415202739j:plainf:id:ere10061:20180415202740j:plain

横田駅に着くと、列車交換が間近で見ることができます。久留里線内で交換ができるのは、横田駅と久留里駅だけです。

f:id:ere10061:20180415202742j:plainf:id:ere10061:20180415202741j:plain

東横田~馬来田間をバスでショートカットするために、横田駅と東横田駅の間ではダッシュしました。東横田駅の撮影を終えて、いいタイミングでバスに乗れて馬来田駅に着きました。

ところがダッシュしている最中にイヤホンを落としたことが判明。その対応に手間取ったため馬来田駅の駅舎を撮影し損ねました。予定通りに進ませてイヤホンは後で探すことにしました。馬来田駅から再び歩いて下郡駅へ。
f:id:ere10061:20180415202744j:plain

下郡駅から再び列車に乗り、次の小櫃駅で下車。ここから俵田駅まで歩いて、俵田駅で上り列車を待つことに。

f:id:ere10061:20180415202745j:plainf:id:ere10061:20180415202746j:plain

東横田駅で降りて来た道を戻っていくと、壊れた状態のイヤホンが見つかりました。ショートカットした故のショッキングな出来事です。横田駅からは下り列車に乗って久留里駅へ。上総亀山行きが来るまでしばしの休憩です。
f:id:ere10061:20180415202747j:plain
実はこれから行こうとする久留里〜上総亀山間は、8:14の列車が出発すると、13:50まで列車が来ません。この間の列車はすべて久留里駅で折り返してしまいます。

上総亀山行きが到着し、乗車。次の平山駅で降りました。山間部の険しい道を進むと上総松丘駅に到着。

f:id:ere10061:20180415202748j:plainf:id:ere10061:20180415202749j:plain

この後は車内放送の収録のため、いったん木更津駅へ折り返し、終点の上総亀山駅に放送を録音しながら向かいます。久留里線の総延長は32.2kmですが、遅めの速度(最高65km/h)で走行するため全区間の所要時間は1時間です。

ようやく訪れた上総亀山駅久留里線の終着駅です。
f:id:ere10061:20180415202750j:plain

それではここで、この旅で歩いた合計距離を発表します!

No.1 祇園 - 上総清川間 1.6km
No.2 上総清川 - 東清川間 1.8km
No.3 横田 - 東横田 1.8km
No.4 馬来田 - 下郡間 1.3km
No.5 小櫃 - 俵田間 2.5km
臨時 東横田 - 横田間 1.8km
No.6 平山 - 上総松丘間 2.3km
合計 13.1km

旅をした日は気持ちのいい快晴でしたので、ハイキング気分(?)で気持ちよく歩くことができました。さすがに13kmも歩いたので、家に着くとすぐ寝てしまいました(笑)

さて、青春18きっぷの旅も次回で最終回。次はどこへ向かったのでしょうか。

【速報】千葉駅前のクリスタルドーム解体(撤去)

千葉駅東口のシンボルである「クリスタルドーム」が、近いうちに解体されるという情報が入りました。
f:id:ere10061:20180414153242j:plain
これは、千葉駅東口エリアの再開発に伴うものです。再開発では、隣にある2棟のビル(ツインビル)を建て替え、新たな複合ビルを建設するという内容です。

工事期間は4月18日から6月30日までの間で、この間にクリスタルドームが撤去される予定です。

千葉駅のシンボルが、またひとつなくなってしまいますね...。

なお、現在制作中の「ちば鉄道ものがたり」でも、千葉駅東口の再開発について触れたいと思います。それに伴い、本編の台本を修正する必要があるため、公開できるまでもう少し時間がかかります。もうしばらくお待ちください。

青春18きっぷの旅の残りの記事も鋭意執筆中です。

はてな9年目!

今日は4月1日。世間はエイプリルフールですが、この記事では本当のことをお話しします。

2018年4月1日、私くららげは、はてなIDを登録してから8周年となりました。
はてなID登録時にグリーンスターを3つもらえるのですが、それを受け取った日付をはてなでの活動開始日としています。この日付は、Myはてなの「アイテム受け取り履歴」で確認できます。

少し長いですが、ここで私のはてなでの活動歴を語ろうかなと思います。


はてなIDを登録した2010年。当時私は小学5年生で、DSi時代のうごメモシアターうごメモはてなが全盛期だった頃でして、実は私もうごメモ作品を作っていました。

うごメモシアターでダウンロードした作品は今でも大量に残っていますが、自分が作っていた作品データは全く残っていないため、どんな作品を作っていたのかは残念ながら覚えていません。

しかし、その頃同じクラスだった女子に「実は私もうごメモやってるよ」と言われて驚きを隠せず、家に帰ってDSiを開いてすぐにその人の作品を見に行った、なんてことを今でも覚えています。


また当時、私のプロフィールページでは「目指せ!はてな市民コンプリート!」と、ひとことで宣言していました。

はてな市民になることで使える機能(うごメモはてなでのチャンネル*1作成、はてなキーワードの編集)を早く使いたかったから、というのが一番の理由でした。

当時の市民制度は30日以上、作品や記事を投稿しないとなれなかったので大変でした。今では7日以上に緩和されたのでコンプリートも楽ですけどね(笑)


2012年にはうごキャラクラブに参加し、この頃からうごキャラに関する活動を本格的にスタートさせました。

うごキャラの動画を作ったり、うごキャラクラブの情報を集めて「UgoChara Club News」として発表したり、いろんな創作活動をしてきました。

2016年2月には念願の「うごキャラスタッフ」*2になることができ、うごキャラクラブの管理・運営のお手伝いと、うごキャラに関する情報発信をしております。

現在でもUgoChara Club Newsは「くららげの部屋」のArchiveから見ることができます。


これほど長い間はてなで活動できたのは、多くの人の支えがあったからだと思っています。

私の作る作品を見てくださる方、うごキャラクラブのメンバーとして創作活動を支えてくださる方、そのほか色々な人がいるから、私はここにいるのです。

現在、はてなでの活動量は落ちていますが、活動開始10周年を無事に迎えられるよう、これからも頑張っていく所存であります!

*1:複数の作品をまとめる機能

*2:現在この制度は廃止され、今年度中に新制度がスタート予定